みどりいろな毎日

ただつらつらと。

最大の拍手を…!!

神山智洋くん

お誕生日おめでとうございます!!

 

はてブロを始めてから初めての誕生日。

2週間前から書き始めています。(早い)

と、言いつつも何を書いたら良いのか

完全にノープランなので支離滅裂だと思うのですが、もうこれは自己満!だよ!( ◜◡◝ )

とりあえず、この1年を振り返ってみます。笑

 

去年の誕生日、神山くんは劇団☆新感線のお稽古場でケーキを用意してもらって、ひたすら"にっこー!"の連鎖が起きていた記憶がある。笑

そう。なんと言っても23歳の神山くんは新感線からスタートしたんですよね!!!

新感線に関しては、もうアホかってくらい思いの丈をぶつけた記事を書いているので、よろしければご覧ください笑

やっぱり、私にとってこの『Vamp Bamboo Burn』と過ごした8〜10月は何にも変えられない宝物で、今考えても無茶なことしてたなって思うけど…笑

それでも全く後悔してないし、最高に楽しかったなぁと思っています。

公演終わってからもVBB男子校のメンバーがライブに来てくれたり、誰かの誕生日とか円盤発売のときに集まっていて。もちろんみなさんが載せてくれる写真に神山くんはいないわけだけど、それでも楽しさが伝わる。なんか本当にすっごいバカの集まりなんだけど(こら)かけがえのないメンバーなんだろうなっていう感じ。すっごい青春してるようだったの。羨ましくなるくらい。笑

新感線の舞台で蛍太郎という役を演じきったことはもちろんだけど、人との出会いの中で神山くんに変化があったことはきっと間違いないんだと思う。"新感線に出演した"っていうことは今後の神山くんにとっての大きな武器になるんだろうなって思っていました。

f:id:ms531cg:20170701102530j:image

 

そう考えると、やっぱり『大貧乏』の出演は新感線を経て掴み取ったものなのかなと思わずにはいられないんですよね。

突然黒髪で登場した年末の歌番組の衝撃を私は忘れません。笑

大貧乏に関してもちゃっかり書いてます。

毎度宣伝か!!ってね\(^o^)/

それこそ大貧乏の時も伊藤さんや成田くんと3Kトリオとかいって仲良くしている様子をウェブの連載とかで伝えてくれてたし、ファンミでも2人にいじられた話とか、関西弁講座してるって話を披露してくれて。

子役の2人にメロメロで雑誌の密着では一緒に遊んだり話しているところが写真とか残っていて最初はくんとちゃん付けてたのにいつの間にか呼び捨てになってて、そんなところも面白いなって。笑

伊藤さんはわざわざ広島までライブを見に来てくださってたのはめっちゃ嬉しかった。

ドラマ自体も毎週毎週楽しみだった。正直、最初の方はもどかしい気持ちになったりもしたけど、回を重ねる毎に出番が多くなっていく姿は頼もしかったし、愛されているんだなっていうのがすごく伝わる演出だった。

公式TwitterにPhoto by KOGUREがたくさんあがったのもいい思い出。

f:id:ms531cg:20170701102630p:image

 

それから『24から感謝届けます』を経ての『なうぇすと』

24コンでは、広いドームを走り回っている神山くんがとにかく楽しそうで。24日の挨拶で「個人の仕事を自分のように喜んでくれて嬉しい」って言ってくれたのは、この1年立て続けにお仕事があって実感したことだったんだろうなと思う。

25日の挨拶ではもう前を向いていて、いつものちょっとポエマーな神山くんがいて。笑

でも神山くんはいつも先のことを話す時に「〜たい」じゃなくて「〜る」って言ってくれる。この日も「なりたい」じゃなくて「絶対なる」って言ってくれた。それが本当に嬉しかった。

今思い返しても、あんなに幸せなことってそうそうないんじゃないかな?って思える空間につれてきてくれました。

f:id:ms531cg:20170701102820j:image

 

そして、『なうぇすと』

神山担にとってすごく残るライブになっているんじゃないかなって思っていて。少なくとも私はそうでした。

オープニング、トランペット、粉もん…笑、智子、そして流星くんとのユニット。

どんなライブでもそれぞれ輝いていて楽しいけれど、今回のライブは進化した神山くんをすごく感じたんです。

なにより神山くんがギラギラしてた。ずーーっと。自分のやりたいことが出来ていて、自信があるんだろうなっていうのを感じた。

それこそダンスクで翼くんが言ってたことじゃないけど"創造する力"をものすごく感じた。

そんな神山くんはとっても素敵だった。

f:id:ms531cg:20170701102920j:image

 

色々なことを経験した23歳は神山くんにとって1つの契機になるだろうし、なっていると思うんです。

 そして、何よりもそんな神山くんを見守ってくれて、「いけいけ!」って背中を押してくれたのはメンバーだったんだと思う。

 

なんか、私が言うことではないんだけど

お仕事での経験だけじゃなくて、周りの人に恵まれて、愛されるのって運とかではないと思うから、そう考えるとやっぱりこの1年って大きかったんじゃないかな…って。

1つ1つを経験するうちに、神山くん自身が変わっていったから今がある。

本当に誰が言ってるんだよって感じなんだけど、そう思えた1年だったんです。

自分からグイグイ行こうっていう姿勢を見せてくれたり、甘え上手になりたい!って言ったりとか、人見知りしなくなって色んな人と食事に行った!とかを報告してくれて。

他のメンバーも「神ちゃんが変わった」「率先して笑いを取ってくるようになった」って言ってくれるのが本当に嬉しくて。

それこそ『カウントダウン16-17』の時だって神山くんを前に出せてくれたのはメンバーだった。年明け早々ドームのステージの真ん中で金八先生をする神山くん。笑

 

神山くんはこの1年でたくさんのことを得て、進化していて、随所随所で発揮してくれる。

だけど、芯の部分は絶対に変わらない。

それってすごいことだし、とってもカッコよくて素敵だなって思う。


どんな形であれ、神山くんにお仕事があれば、未来に繋がって欲しいとは常に思っています。

だから、今の神山くんの姿をいちファンとして見れていることは、何にも変えられないくら幸せで、本当に楽しいです。

 

なによりも頑張る活力になる。

 

神山くんがキラキラしている姿は

私もキラキラしよう!って思わせてくれるし

もっと頑張ろうって気持ちにさせてくれる。

特にこの1年間は、誰かのために嬉しくなったり悔しくなったりできるって楽しいなって改めて思えたような気がします。

それくらい、私は神山くんことを好きになって応援できてよかったって思っています。

 

もちろん神山智洋くんは23歳だけでは語れないことなんてわかっているんだけど、私は23歳の神山くんに最大の拍手を送りたい。

そして24歳の神山くんにたくさんの幸せが訪れることを切に願います。

 

23歳の神山智洋くん、ありがとうございました!!!

24歳の神山智洋くん、よろしくお願いします!!!

 

f:id:ms531cg:20170701091418j:image